糖尿病 大田区蒲田の婦人科、皮膚科、内科の伊藤メディカルクリニック

蒲田駅徒歩5分
東京都大田区蒲田 5-27-10 蒲田 TK ビル 3 階
▼メニュー▼

大田区の婦人科
伊藤メディカルクリニック
診察時間

  午前 午後
9:30〜11:30 13:00〜17:00
9:30~13:00
婦人科のみ
13:00~16:00
婦人科のみ
9:30~12:30 13:00〜17:00
休診 休診
9:30~12:30 13:00~17:30
9:00~12:00 13:00~15:00
9:00~11:30
初診婦人科のみ
※受付は、最終診療時間の30分前です。
※毎週火曜、日曜日は、婦人科のみとなります。
※日曜は初診の方のみの診療日ですのでご了承下さい。
※イボ・できもののご相談は月曜、形成外科医が拝見します。
※ご予約、お問い合わせは予約システムよりお願いします。

院長略歴

【院長】
伊藤 都
【資格】
杏林大学医学部卒
医学博士
内科専門医
日本抗加齢学会会員
産業医

診療案内

糖尿病

糖尿病になると、エネルギー源を必要としている細胞に、ブドウ糖がうまく運ばれなくなります。運ばれなかったブドウ糖は血液中に溢れてしまい、体のエネルギーが不足してしまいます。 血液中のブドウ糖の濃度が高くなった状態をいわゆる高血糖と呼んでいます。

糖尿病の種類

1型糖尿病
インスリンを作る細胞が、ウイルス感染などをきっかけに破壊されて、からだの中のインスリンの量が絶対的に不足して発症します。
2型糖尿病
運動不足や脂肪の過剰摂取などの生活習慣により、インスリンの働きが悪くなる、遺伝でインスリンが出にくい体質を持つ、といった条件が組み合わさって発症します。

※日本の糖尿病患者の大半はこの2型糖尿病とされています。
その他、遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気が原因となるものや、妊娠中に発見される妊娠糖尿病があります。

※インスリンとは?
血糖を下げるホルモンで、食後に血糖値が上がらないよう調節をする働きをします。また、血液中のブドウ糖をからだの細胞に送り込んで、活動エネルギーに変えたり、脂肪やグリコーゲンに変えてエネルギーを蓄えたりします。

甲状腺疾患

甲状腺疾患は日本人女性がなりやすい疾患の1つです。
「橋本病」に代表される機能低下症、「バセドウ病」に代表される機能亢進症、甲状腺がんなどの腫瘍性疾患などの総称です。

甲状腺疾患の症状

甲状腺の病気で甲状腺が腫れないケースめったにないと言われるほど、ご来院のきっかけとして最も多いのは首の腫れです。
甲状腺は、喉ぼとけの下の位置にあり、気管の前に張り付くように位置する臓器です。甲状腺が腫れると首の前部が目立つので、鏡を見てご自身で気付いたり、周りの方や検診で指摘される場合があります。
また、イライラやうつ症状、痴呆などの精神的な症状がきっかけで診断される方もあります。

PAGE TOP